【サイトの強さ】Google Page RankとDomain Authority(DA)の違いについて

サイトパワーmoz-googlerank

ブログの記事を書いたのに上位に表示されない!それって、サイトのパワーやドメインパワーが弱いかも!上位表示に欠かせない「サイトの強さ」を測る指標として、ページランクとドメインオーソリティ(Domain Authority(DA))という二つの指標があります。

この2つの違いについて簡単に解説したいと思います。


サイトの強さの指標
Page RankとDomain Authorityの違いについて

ページランクとは?(Google Page Rank)

ページランクは、Googleがページの重要性やパワーをそのページにリンクしている量や質で数学的なアルゴリズムで測ったものです。(ここでのアルゴリズムって計測方法の仕組みって思っていただければと思います)

そのランクは0から10までのスコアで表示されて、ランクのよいサイトからたくさんのリンクを貰っていると良いスコアになります。

このようなメーターのような形でサイトのランクが見えちゃっていたんです。

このPage Rankは、ウェブブラウザ―Chromeの拡張機能でTool Barで見ることができていたのですが、2016年から提供がなくなり見れなくなっています。残念!

サイトの強さ-Google Page Rank廃止
SEOチェキでのGoogle Page Rankが表示されません。

しかし、公開はされていませんが、Google内部ではサイトの強さを指標として維持していて、検索結果の順位に影響していると言われています。


Domain Authorityとは?

DA(Domain Authority)は、Mozと言われるSEOを主としている会社が提供している、ドメインパワーの指標です。

Domain Authorityはドメインの権威、力と訳せますね。

Google Page RankはGoogleのリンク解析アルゴリズムで決められますが、Domain Authorityは、被リンク数やそのリンクの質、SNSのシェア数やメンション、SEO対策など、総合的に判断されています。

サイトの強さDomain Authority

Google Page Rankは0~10ですが、DAは0~100になります。もちろん高ければ高いほどよく、高いほど検索結果の上位に表示されることが期待されますよん!

上の画像では赤色の93点がドメインオーソリティーとなります。


Page Authorityとは?DAとは違うよ。

Domain AuthorityとPage Authorityの二つがあり、それぞれDA,PAと呼ばれています。

これらは違うものですのでご注意!!

DAはウェブサイトやドメインの検索結果へのポテンシャルを示すものに対して、PAは一つのページのポテンシャルを示すものです。

いずれもMozが出している指標になり、0~20は低いスコア、70以上だと検索で良い結果がでる可能性が髙いと言われています。


ついでに知っておこう!
良く出てくる略語、SERPとは?

ちょっと話がずれますが、DA, PAという略を知ったからには、SERPという略語も合わせてしっかり知っておいた方が良いです。

難しくありません。

SERPとは「Search Engile Result Pages」の頭文字を取ったもので、要は検索順位ということです。

海外のSEOツールで調べたりすると、DA, PA, SERPなどがセットで表示されることがありますので、覚えておいて損はないでしょう!!


Domain AuthorityとPage Rankどっちを伸ばす!?

この部分は気にする必要なしです。

どっちがどっちということもありませんし、細かいアルゴリズムが分からない以上どうすることもできません。どっちかを頑張って伸ばそうとサイトを運営していれば、自然と両方があがってくるでしょう。

良質のリンクを貰う、つまり「このサイト見てみて!いいよ!」というページをたくさん作れば自然とリンクは増えますので、読者や検索者に対して満足できるページを作り続けることあるのみです!!


合わせて読めばあなたも博識!

おすすめ ⇒ 【気になるランク】ドメインパワーを簡単に調べる方法(DA, Page Rank)

スポンサードリンク

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here