【思わず読んじゃうタイトル】 魅力的なブログ見出しを作るコツとは?

【思わず読んじゃうタイトル】 魅力的なブログ見出しを作るコツとは?

あなた自身はどんなタイトルの時にクリックしやすいですか?

ブログやインターネットの記事はタイトルが命です。
限られた文字数で人の心を動かしクリックさせられるかが重要です!

人の好みこそありますが、魅力的なブログタイトルや見出しには大事な心理トリガーが入っていることが多いです。

作るコツを見ていきましょう^^


具体的なタイトルの話の前に、あなたのページに訪れた人がどのような行動を取るか考えてみましょう!

時間つぶしに記事を読んでいる場合は、

  • 導入文 ⇒ さらーっと感覚的に目に入れる
  • もくじ ⇒ みない
  • 最初の見出し(H2タグ) ⇒ 意外と止まる
  • 記事内容 ⇒ さらーっとスワイプしながら読む
  • 2番目の見出し ⇒ ちょっとスワイプ減速

のように、見出しタイトルで減速しつつ、そのまま離脱するかをほぼコンマ数秒で直感的に決断しています。と思うんです。

見出しはこの記事を読もうと直感的に決めてる人に、続けてみてもらうためには非常に重要です。

直感的に決めた人とは、

  • サイトの雰囲気
  • サイトのロゴ
  • サイトのレイアウト
  • 文字の大きさ
  • 言葉の言い回し
  • そして直感

です。

また、直感かーぃ!と突っ込まれそうですが…(笑)

スマホやPCに慣れた人には、好きなサイト、好きじゃないサイトの分別マシーンがインストールされています。

一応、その【直感的な部分】をクリアした後は、ブログ記事を読み進めるかは、魅力的な、面白そうな見出しで決まってきます。


クリックされる、読まれる見出しに必ず含まれるものがある?

人間って反応するものってある程度決まってるんです。縄文時代くらいから。

参考になるのはブログだけではありません。Youtubeのような動画サイトもタイトルが非常に重要です。

中でも、タイトルをクリックさせることがとても重要なバズビデオについては、とても参考になると思います。


バズビデオのタイトルはかなり参考になる

とりあえずクリックさせる命のバズビデオから学ぶ

Buzz video(以下バズビデオ)というスマホアプリを例に話して見たいと思います。
このバズビデオとは、30代~50代くらいの男性ユーザーをターゲットにした動画閲覧サイトです。もちろん女性も多数います。

動画投稿者はバズるタイトルを一生懸命考えて日々投稿しています。クリックされるだけで0.02~0.2円位の報酬が貰えます。

このバズるタイトルって法則があります。

  • 面白い!この箱の中身をみたら腹筋崩壊したwww
  • 5秒後に美女の身に何かが起こる!誰も予想できないでしょ!

動画もない中で適当に考えたタイトルですが、動画を見ないと内容がわからないですよね。

もしも動画が全然違う内容でも思わずクリックしてしまう。タイトルだけみたら魅力的と言えるでしょう。

バズビデオの場合はバズればいいことにちょっと釣りタイトルが多いのですが。


ブログ記事だって実は同じ

タイトルがあるものは全部同じだよ!

ブログの場合は、クリックして動画を見てもらうのとは違います。

ですが、「中身を見ないと分からないタイトル」はとても大事です。もちろん釣りタイトルはダメですよ。でも釣って内容が満足するものであれば、(釣りじゃなくなりますが)ちょっと誇張していても良いと思います。

例えば、

サイト運営でやってはいけない3つのあることについて

という見出しがあったとしたら、3つって何?!と中身を読んで3つを知りたいと思います。ちょっとページタイトルっぽいですが、ページタイトルも見出しもまったく同じです。

そして、「やってはいけない」という黄色信号のフレーズも気になる要素です。

有名ブロガーみんなが口を揃えて言うタイトル作成のコツとは?

このタイトルも読まないとわかりませんし、「有名ブロガーみんなが」というところに心理トリガーがありますよね。

子育てママなら絶対知っておきたい!育児時短にするおすすめアプリ5選

これも心理トリガーが3つくらい入っていますね。

もしも読者が子育てママなら知らないとまずいかも…と思って読んでくれますし、育児は大変なので時短したいというママも多いです。

「絶対知っておきたい!」を逆にして、「知らないと恥ずかしい!」とすることもできます。単純ですが、おすすめ、とか〇選なども心理的にクリックしたくなる代表的な言葉ですね。


H2タグの見出しはどうしたいいの?

記事のメインのタグってH2タグで囲まれてます。

上で例であげてみたものは、ページタイトル(H1タグ)の感じですが、H2タグはどうしたらいいでしょうか?

H2タグも同じです。

  • H1:子育てママなら絶対知っておきたい!育児時短にするおすすめアプリ5選
    • H2:クックパッドより便利だった!このアプリで時短料理しよ
    • H2:お風呂掃除が楽に!100均の思わぬもので時短できた!

このようにH2タグくらいまでは、読まないと分からない要素を盛り込むことが大事です。

例えば、「亀の子たわし」が意外な使い方ですごい便利だったとしても、その商品名を書いてしまうと、読者は勝手に想像して、自分の経験からそれならいらない、と思ってしまう可能性があります!

みんな自分が経験してきたことをもとに物事を考えちゃうんですよね。当たり前ですが。

検索エンジンから入ってきた人は、タイトルは気になって訪れて来た人なので、あとはH2タグ見出しで数珠つなぎで読んでもらいます。

H3タグからはシンプルにしてあげたほうが読者思いです。

  • H3:お風呂の床に使える亀の子たわし
  • H3:天井のカビとりにおすすめのxx

適当に考えたタイトルなのでxxは思いつきませんでした(^-^;)

H4~H6を使う場合は、ちょっと階層が深すぎますので、もう一度文章の構成を考えてみたほうが良いかも知れません。使ってH4タグくらいまでかな、、と個人的に思っています。

そこだけ読んでも話がわかるようにする!

流し読み、飛ばし読みが当たり前!かなぴー!


これ、とっても重要です!

流れに沿った説明チュートリアルのような記事は例外ですが、出来るだけその見出し部分を読んだだけで情報を取得できる、理解できるようにしてあげます。

悲しいけど、ブログ記事は流し読みされて、読まれないことを前提にして書きましょう!

スマホでスクロールしながらでも、見出しで止まってくれた場合、「上で言ったような感じで」とか「前回と同じ理由で」など、過去と繋がった場合、なかなかそこに見に行ってくれません。そして離脱します。

その項を読むだけで理解できるようにしてあげることが肝心ですよん!

もう一度言いますが、流れに沿って説明するサイトは仕方なしです!同じことを書いて冗長な文章にならないようにしましょう!

まとめ

ここまで読んでくれてありがとうございます^^

タイトルって難しいよね(笑)


【おまけ】Googleは見ている?目次(TOC)はSEOに良い?

目次って必要なのか前から思ってたけど・・

見出しの一覧の目次は英語で「Table Of Contents」と言います。

WordPressのプラグインも、Table Of Contentsと検索したり、TOCと検索したりするといろいろ出てきます。Googleはこの目次見出しがあることは、ユーザビリティの高いサイトと一定評価しています。そのため、TOCが含まれているか見るSEOスコアチェックするプラグインもあるんです。

ただ、読み手にとって、TOCが絶対必要か?と思ったら微妙なところです^^;あって嬉しいな!と思ったこともありますが、そのほとんどが素通りで読み進めてしまいます。

私があって嬉しいな!と思った時は、なんとなく記事を読んでいる場合ではなく、あることを調べようとしているとき。

つまり、早くその情報にアクセスしたいと思った時に、もくじ(TOC)の見出しをクリックして飛んだことがあります。

プラスにしか働かないと思いますので、あなたのサイトに目次が含まれていない場合は、プラグインで表示するようにしましょう!

総まとめ

もう一度まとめです。

目次だけ読んでページが分かりやすいことが大事!

お読み下さりありがとうございます!

為になりましたか?良かったらシェアお願いします^^

Leave a Feedback!