• メニュー
  • メニュー

【Multcloud】ファイル移動も楽々!複数クラウドを1つにまとめて管理

Dropbox、Onedrive、Google Driveなどのクラウドを複数使っていて、簡単にファイル移動ができたらと思ったことはありませんか?
Multcloudを利用すると、サービスをまたがってファイルを簡単にコピー&貼り付けして移動することができます。これからはMultcloudで一元管理していきましょう。

私も複数クラウドを使っているんですよね。1つのソフトウェア上でまとめて管理できるのはめちゃくちゃありがたいです。
ファイルをスマート管理しましょう^^

Multcloudってどんなソフト?

Multcloudは一言で言えば「複数のクラウドサービスを一元管理できるソフト」になります。

どんなことができる言うと、

になります。

うーん、言い方が堅いですね(笑)

もっと砕いて言ってみると、

Google DriveやDropboxを1つのアプリでWindowsやMacのフォルダのように使えるようになります。

対応しているクラウドサービス一覧

MultCloudはGoogle Drive、Dropbox、MEGA、OneDriveなど30個以上のクラウドサービスをサポートしています。

日本で主流のクラウドサービスは、

  • Google drive
  • OneDrive
  • Dropbox
  • Google Photos
  • box
  • Evernote

このあたりではないでしょうか?NASも追加できますね。

multcloud 対応クラウドサービス一覧

登録はこちら

multcloudの登録は以下からできます。無料で登録が可能です。

登録はこちら→ https://www.multcloud.com/jp/

Multcloudの評判について

Multcloudは複数クラウドの一元管理アプリなのであまり否定的なレビューは無く、簡単・便利という上々の評判となっています。

一部ご紹介します。

Multicloudはオンライン上に散らばったファイルの価値を高めてくれます。30以上のクラウドサービスをまとめてくれて非常に便利です。

MultCloudは本当にすべてのクラウドを管理にするの最高のアプリです。ファイル移動や同期、閲覧が本当に簡単です。やることはドラッグ&ドロップだけでシームレスにコンテンツをアップロードできます。

もしもファイルを無料で保存したかったら、間違いなく何個かのクラウトストレージを使わないいけませんが、Multcloudはそれぞれにサインインすることなく、1つの場所ですべてのファイルにアクセスできる便利なサービスです。

Multcloudの使い方

Multicloudの基本的な使い方、データ転送方法について説明します。

1. クラウドを追加しよう

クラウド一覧から使用するクラウドを追加します。

例えば、DropboxをクリックするとDropboxにログインが求められます。

そのままログインします。

MultcloudがDropboxにアクセスすることをリクエストされるので「許可」をクリックします。

マイクラウドに「Dropbox」が追加されました。

同じようにして、Google driveとGoogle Photosを追加してしました。

そしてGoogle Photosのドライブを開いた状態です。写真はダブルクリックするとしっかり表示してくれます。

2. クラウド転送をする

クラウド間でファイル転送をしてみましょう。

下の画像のように、左から右へ直感的に分かりやすい画面が表示されます。

左が送りたいクラウド(ファイル)、右側が送るクラウドになります。

転送元や、転送先をクリックすると登録されているクラウドが表示されチェックして選ぶことができます。

>矢印をクリックするとフォルダやファイル表示することも可能です。

以下は、クラウド全体を選んだ状態です。

Google PhotosをそっくりDropboxへ転送する状態です。

下のように、1つのファイルや複数の指定ファイルを転送することもできます。

転送先に希望のフォルダがない場合は、新しくフォルダを作成してそこに転送することもできるので便利ですね。

準備が整ったら右下の「今すぐ転送」をクリックします。

メニューの「タスクリスト」に転送のキューが追加されました。

たくさんのファイルを同時送信する場合は、ここにたくさんのファイルが表示されることになります。

転送が完了すると「成功」が表示されます。

実際に、Google driveのページへ行ってみると、、、、

フォルダが出来てますね。

数秒前にアップロードしたファイルにアップロードファイルが表示されています。

基本はこの作業の繰り返しになります。
スケジュールを組んで転送することもできます!!

転送画面の下にスケジュールがあるので、転送作業をスケジューリングすることもできます。

ほかにできる使えそうな機能

クラウド同士を同期することができます。同期をしたら1つのクラウドを管理するだけで、別のクラウドでバックアップも管理することができそうですね。

もちろん一括でクラウドのバックアップもできます。

Multcloudは安全性は?

Multcloudは以下の3点データの安全性を確保しています。

  • データを保存しない
  • OAuth認証システム
  • 256bit AES暗号化

データ転送には非常に高度な暗号化の仕組み「SSLの256bit AES暗号化」が採用されています。

また、ファイルやデータを転送しても、その履歴や中身はMultcloudのサーバに保存されない仕組みになっています。そこから漏洩するという心配はないということです。

認証システムにはOAuthに基づいており、MultCloudに追加したクラウドドライブアカウントのユーザー名とパスワードは記録されません。

簡単に言うと、Multcloudは各クラウドを繋げているだけで、データ転送には複雑な暗号化されたデータで転送が行われているということですね。

Multcloudの費用について

Multcloudはデータ転送量によって、4つのプランがあります。

  • 無料:30GBまで
  • 月間プラン:1180円150GBまで
  • 四半期プラン(3か月):2,880 円200GBまで
  • 年間プラン:13,980 円無制限

無料プランは一般サーバー、それ以上は超高速VIPサーバーになりデータ転送量以外にも差がでてきます。

まずは無料サーバーからクラウド一元管理の良さを体感してはいかがでしょうか??

登録はこちら→ https://www.multcloud.com/jp/

まとめ:

いくつかクラウドを使っている場合はぜひ一度使ってみてください。

このMultcloudだけ開くだけで良くなると本当に楽ですよね。たくさんのファイルをあっちへこっちへ転送するケースが多い場合、大容量ファイルを使う場合は潔く有料プランが良さそうです。

登録はこちら→ https://www.multcloud.com/jp/


有益情報も流しているのでツイッターもぜひフォローお願いします。


参考になったらシェアお願いします!
toshiki@ひざのうえ起業家

3児&2犬(大型)のウェブ大好きパパです。

サイト作り・デザイン大好きで、どんどん新しいサイトを作ろうとしてしまう性格の持ち主。けど、深く深く極めるのも好きなハイブリットです。Wordpress歴は18年くらいです。

子どもが大きくなってしまう前に、子どもとの時間を作りたくて脱サラ計画中。ひざのうえにノートパソコンを置いてでも稼げる仕事で起業を目指しています。

10年ちょい前に世界一周チケットで主要都市だけ回る旅行も経験、これからもいっぱい旅行したい一心で切磋琢磨しています。旅行大好きだから。

好きな物:ウェブサイト/旅行(国内・海外)/動画編集/音楽(クラシック/JAZZ/ポップス)/山崎豊子/久石譲/ショパン/ピアノ/ラブラドールレトリバー/コーヒー/ワイン/スポーツ全般/スキーモーグル/高校野球/スキューバ

夢:キャンピングカーで子どもと犬と日本一周、もう一度乗りたい豪華客船クルーズ、映画音楽の作曲、プール付きか温泉付きの別荘で暖炉の前でリクライニングチェアで老眼鏡付けて分厚い洋書を手に犬を足元に居眠り。

ストーリーを見る

コメント・質問する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です