• メニュー
  • メニュー
WonderFox HD Video Converter Factory Pro

【おすすめ動画変換ソフト】4Kも可能なWonderFox HD Video Converter Factory Proを試した

動画変換ソフト「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」についてレビューしてみます。4K動画のmp4変換もクリック1つでできる動画変換ソフトは1本持っておくと非常に重宝するソフトです。

WonderFox HD Video Converter Factory Pro」を試してみたので、ダウンロードから使い方までご紹介します。

自分のスマホで見るため、タブレットに入れて子どもたちに、パソコンでサイズを落として保存など、いろいろなことに使え、たった数千円で永久ライセンスが手に入るのであるといいですよ。


5月10日までお得です。

ソフト会社と提携しまして、こちらのリンクから景品版(正規品よりちょっと劣る)をダウンロードすることができます。気に入れば最低価格で購入することが可能ですのでぜひ試してみてください。

https://www.videoconverterfactory.com/jp/giveaway/hdpro-laptopreneur.html


何ができるの?WonderFox HD Video Converter Factory Pro

めちゃくちゃ長いソフト名です(笑)

WonderFox HD Video Converter Factory Pro」ができることは非常に多いのですが、ざっくり以下の通りです。

できること

  1. 動画、音楽を500種類以上の形式や端末へ変換
  2. 動画品質を向上、動画のサイズを圧縮
  3. 簡単な動画編集:切り取り、回転、エフェクト、ウォーターマークなど。
  4. YouTubeなど300以上のサイトから動画、音楽、字幕をダウンロード
  5. PC画面を録画
  6. 着信音作成、GIF作成など

動画変換ソフトが一番のウリなのですが、いろんなことができるのがこの手のソフトの特徴です。

よく使うものとしたら、

  • ダウンロードした動画を変換
  • 家族で撮った動画を変換して保存
  • 音楽のダウンロード
  • ビジネス利用などでパソコン画面の録画

このあたりだと思います。

動画編集となると個人的に動画編集ソフトをおすすめしますね。



こんなに機能がついて7,897円(税込)
割引時は3000円台

定価は税込7,897円になりますが、ほとんどいつもキャンペーンをしてくれていて40%オフとか50%オフで購入できることが多いです。


これだけ機能がついて税込4000円台は正直安い。

50%OFFキャンペーンがあるときは、¥4,268(税込)となります。おそらく定価で買うことはないでしょう。

なんとか頑張ればオンライン上でできることもありますが、あなたがもしもよく動画変換をしているなら迷わずわかっても良いと思える価格です。

と、子どもからよくタブレットに動画を入れてくれーとせがまれる私は思います(笑)


使い方:WonderFox HD Video Converter Factory Pro

WonderFox HD Video Converter Factory Pro」のメニュー画面になります。


ソフト名がConverterとついているからには、変換に強いはずですよね。


動画変換について

変換をしていきましょう。
変換をクリックすると以下のようにビデオコンバータの画面に切り替わります。

+の部分に変換したいファイルをドラッグアンドドロップします。フォルダごとの追加も可能です。


動画をドラッグアンドドロップすると、自動で分析してくれて以下のようにファイル形式、サイズ、長さ、解像度などを表示してくれます。

左側が元ファイル、右側が返還後の出力ファイルとなります。以下は、mp4から切り替えていないので何も変換されていませんね。


変換したフォーマットは「出力フォーマットを選択」で選ぶことができます。

びろびろ~っとたくさんの動画形式が出てきます。こんなに形式ってあるの?というくらいたくさん出てきますね。


リンゴマークを選んで、iPhone12/Proを選んでみました。iPhoneのスマホ端末画像がでるので、形式がわかりやすいのがいいですね。

変換後のサイズも確認することができます。593MBから95MBにサイズを落とすことができます。

こりゃ、めちゃくちゃいい!


右下に大きくある「変換」をクリックすると、詳細情報欄がステータスバーになり、黄色のバーが右側にいけば完了です。


完了すると以下のウィンドウが表示されます。

ちょっと突然でてくるこのポップアップはいけてないですねー。関連ソフトのおすすめが大きすぎて、終わったのか終わっていないのかよくわからないですよね。

右上にファイルを開けるボタンがあるだけです。このインターフェースはちょっといただけない。。


「開く」からダウンロードしたファイルを確認してみたら、しっかりサイズが小さくなったファイルが保存されていました。

デフォルトではドキュメントの中のソフトのフォルダのOutputVideoに保存がされるようです。


動画ダウンロードについて

もう一つの機能の動画ダウンロードについてやってみましょう。

トップメニューでダウンロードを選び新しい窓を開きます。

「新しいダウロード」をクリックします。


リンクを貼り付けるウィンドウが開きます。

「貼り付けと分析」をクリックします。すると動画が読み込まれて、ダウンロードするサイズを選択できるようになります。

ファイルサイズを見ながら好きな解像度やファイルにチェックを入れて「OK」を押します。

めちゃくちゃ簡単ですね!

Youtubeとか世界中の動画サイトに対応しているので、本当に簡単に動画がダウンロードできるようになります。


このソフトを買うべき人は?

このソフト以外にもいろんなソフトがありますが、この手のソフトを買うべき人は、、、

私のように、お金をかけたくなくて無料ソフトとかオンラインでせこせこ頑張っている人です(笑)


わたしはブログを書いているので、何本か無償提供するからレビュー記事書いて~!と言われる問い合わせが増えてきました。

それで嬉しくも1本ソフトを頂いたところ、、、、

んんんん!これは使いやすい。

何万円もするなら別だけど、たった3-4000円くらいで買えるならおすすめできるのでは?と思いました。

正直な感想です。

車のナビでDVDを見ることもできますが、外部のmp4ファイルは見れず、またリアTVもついていないのでいつもタブレットにアニメなどを入れて持ち歩いています。

その変換がめちゃくちゃ楽になりました。

Netflixのアニメをダウンロード、サイズを変換してmp4化してタブレットに入れて子ども車の時のひまひまクレームに耐えています(苦笑


ここだけが残念!

Youtubeをmp3でほしいな、っていう時ってありませんか?

要は好きな音楽で動画はいらないけどmp3としてほしい時。このソフトの場合、ダウンロードでYoutubeを入れてもダウンロード形式にmp3が表示されません。

音楽ファイルとしてwebmやm4aなどが選択できますがmp3がなーい!

なので、一旦webmでダウンロードしてから、「変換」の機能を使って好きなように音楽ファイルに変換させるのがおすすめです。

一発でできたらいいのにーーって思いました。


まとめ:

もしも動画変換ソフトを1本も持っていない、いつもはオンラインですませているという場合は、「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」もおすすめですよ。

オンラインだと動画の長さに制限があったり、時にウォーターマーク(動画に写し)が入ってしまう場合がありますので、ストレスなく利用するなら正直買いです。

永久ライセンスで何度も買いなおす必要がないこともおすすめの理由です。アップデートをしていってくれます^^ いいですね。

購入はこちら → 公式サイト


有益情報も流しているのでツイッターもぜひフォローお願いします。


参考になったらシェアお願いします!
toshiki@ひざのうえ起業家

3児&2犬(大型)のウェブ大好きパパです。

サイト作り・デザイン大好きで、どんどん新しいサイトを作ろうとしてしまう性格の持ち主。けど、深く深く極めるのも好きなハイブリットです。Wordpress歴は18年くらいです。

子どもが大きくなってしまう前に、子どもとの時間を作りたくて脱サラ計画中。ひざのうえにノートパソコンを置いてでも稼げる仕事で起業を目指しています。

10年ちょい前に世界一周チケットで主要都市だけ回る旅行も経験、これからもいっぱい旅行したい一心で切磋琢磨しています。旅行大好きだから。

好きな物:ウェブサイト/旅行(国内・海外)/動画編集/音楽(クラシック/JAZZ/ポップス)/山崎豊子/久石譲/ショパン/ピアノ/ラブラドールレトリバー/コーヒー/ワイン/スポーツ全般/スキーモーグル/高校野球/スキューバ

夢:キャンピングカーで子どもと犬と日本一周、もう一度乗りたい豪華客船クルーズ、映画音楽の作曲、プール付きか温泉付きの別荘で暖炉の前でリクライニングチェアで老眼鏡付けて分厚い洋書を手に犬を足元に居眠り。

ストーリーを見る

コメント・質問する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です