• メニュー
  • メニュー

【初心者はするな】ブログ記事の外注で陥りやすい3つの失敗

これを読んだあなたが外注で失敗しないようにブログ記事の外注で陥りやすい3つの失敗について私の経験を赤裸々に教えます。
ブログは外注すれば何もしないでも稼げる!と言われますが、下手すると外注費をドブに捨てることになりますので要注意ですよ。

外注化をして一気に収益アップができるのは間違いではありませんが、正しい方法をしてこそのお話です。

大事な資金をじゃぶじゃぶ外注に流れていかないように3つのことを気を付けてほしいと思います。

初心者に伝えたい!
ブログ記事を外注化する時の「3つのするな!」

ブログ記事の外注化で気を付ける3つのこと
Photo by Magda Ehlers on Pexels.com

失敗1.収益が得られていないのに外注化するな!

あなた自身でサイトを運営して、まだ収益が発生させたことがない場合、外注化するのはまだ早いです。

収益が得られない大体の理由は、

  • キーワードがしっかり選べていない
  • 記事数が少ない

この2つが大きな原因です。

じゃあ、外注して記事をいーーっぱい投稿しよう!!!

と、考えるのは浅はかです!!

確かに、外注化のメリットは

  • 自分が書かないでも記事が増える
  • サイトの成長を加速させる

この2つです。

お金を払いさえすれば記事が増えていく状況を作ることができます。

しかし、、まだ稼げていない初心者は、


間違いなくキーワードが疎か

です。

キーワードをしっかり抽出して、記事をそこそろ書いていれば、まずはぼちぼちの収益を得られているはずです。

自分で書いているブログで「キーワードがしっかり選べていない」場合、外注さんにどのようなキーワードで書いてもらいますか?

また、あがってきた記事が、キーワードを網羅できた正しい記事かどのように判断すればよいでしょうか?

もしも、「この記事は問題なさそうだ」ということが判断できなければ、無駄なゴミ記事を外注さんに量産してもらうことになり、外注費用が湯水のようにじゃぶじゃぶ流れ出ていくだけになってしまいます。

外注化へのステップの収益の目安は1万円くらいかと思います。

1万円稼げていればキーワード選びという壁は克服していると思います。

※ 収益が得られていないのに外注化するな ⇒ 記事のタイトルの良し悪しが分かるようになってから

失敗2.100記事書く前に外注化するな

正直、100記事も書けばライティングスキルが格段に上昇しています。

「自分が上手じゃないから外注化しよう!」

という考えも間違ってはいません。

でも、外注さんに書いてもらったものが低レベルなものなのか、必要十分な記事なのか判断するのは自分です。

ライティングスキルは書けば書くほど磨かれていき、100記事も書いているとだんだんと上手な記事と下手な記事が見分けられるようになります。

100記事目に書いた記事と1記事目に書いた記事を見比べるとよくわかると思います。

なんで100記事なの?50記事でもいいじゃん、と声が聞こえてきそうですね。

私の考える100記事の根拠は、

・目標とする数字としてキリがいい
・1日1記事だとしたら約3か月かかる

という単純な理由です。

でも、長い長いブログ生活のなかで達成感はとても大事です。
100記事やったぞー!という達成感はとっても大事なことです。

また、ブログは途中でやめてしまい稼げない人がほとんどなので、100記事投稿するなかでブログ運営を習慣化させるためにも効果的です。

Googleで検索エンジンで結果が現れてくるのは、ある程度の記事数が増えてからです。

自分で結果を得る体験、習慣化、ライティングの上達を考えて100記事までは自力で頑張ることをおすすめします。

※ 100記事書く前に外注化するな ⇒ 記事の内容の良し悪しがわかるようになってから

失敗3.量を求めて外注化するな

これは私が一時期入っていたコミュニティでの話なのですが、忙しいから外注化して記事を量産するという主婦の方がいました。

その方は、主婦のごちゃまぜブログを運営されていたのですが、「子育てに疲れた時におすすめの映画3選」のようなタイトルを外注さんに依頼してしまっていたんですね。

子育てに疲れてて映画を見る気になる?!^^;;


質より量を求めてしまった典型です。

外注さんにお願いすると記事の出来上がりは、外注の方のペースによるのですが、早ければ1日で作成して送ってくる方もいます。記事を承認したら、その外注さんは次の記事の依頼を待っているわけです。2-3人同時に依頼していたら毎日記事があがってきてしまいます。

その主婦の方は、忙しいから外注化をしているのに、どんどん外注さんから届く記事に追い付かないのに、継続して書いてもらうためにも発注しなきゃー!、と逆に追い込まれる形になってしまっていました。

キーワードだけは網羅しているのですが、キーワードの検索者の意図と合致しない記事ばかりを発注してしまい、アクセスが全然増えないという結果になってしまっていました。

外注化は量の手助けになりますが、増やせばいいわけではありません。

検索意図をしっかり汲んだタイトルと記事の作成をし、量と質を両立するようにしましょう。

※ 量を求めて外注化するな ⇒ 検索意図がしっかりわかるようになってから

稼ぐブログを作るためにはどうしたいいの?

アフィリエイトのコンサルによっては、「初心者ほど外注化すべき」とか「自分で記事は書くな外注化しろ」とかいう人もいます。

それってやっぱり基礎ができてからの話で、初心者がやるにはただの賭けです。

外注化は80㎞で走っていた車を120㎞で走らせるようなものです。まずは自分で80㎞のスピードでしっかり走れるようになりましょう。

そうしたらよく言われる「レバレッジをかける」ということができます。つまり「外注投資で一気に大きな成果を得る」ということができます。

・1万円稼ぐ
・100記事書く

まずはこれができてからでも遅くはありません。

これができた時には、外注さんのテスト発注も自信をもってできることでしょう!外注さんを取り入れて一気に収益アップを加速させましょう!

質の高い記事を外注したい場合は、記事代行サービスをメインにしているところを検討すると失敗は少ないです。いわゆる代行のプロです。コストを減らしたい場合は、クラウドワークスのようにプロから素人まで登録しているサイトで安く発注できるサイトで発注するのも良いでしょう。

合わせて読んでほしい記事→ 【稼ぐには習慣が10割】7つのブログを続けるコツ


有益情報も流しているのでツイッターもぜひフォローお願いします。


参考になったらシェアお願いします!
toshiki@ひざのうえ起業家

3児&2犬(大型)のウェブ大好きパパです。

サイト作り・デザイン大好きで、どんどん新しいサイトを作ろうとしてしまう性格の持ち主。けど、深く深く極めるのも好きなハイブリットです。Wordpress歴は18年くらいです。

子どもが大きくなってしまう前に、子どもとの時間を作りたくて脱サラ計画中。ひざのうえにノートパソコンを置いてでも稼げる仕事で起業を目指しています。

10年ちょい前に世界一周チケットで主要都市だけ回る旅行も経験、これからもいっぱい旅行したい一心で切磋琢磨しています。旅行大好きだから。

好きな物:ウェブサイト/旅行(国内・海外)/動画編集/音楽(クラシック/JAZZ/ポップス)/山崎豊子/久石譲/ショパン/ピアノ/ラブラドールレトリバー/コーヒー/ワイン/スポーツ全般/スキーモーグル/高校野球/スキューバ

夢:キャンピングカーで子どもと犬と日本一周、もう一度乗りたい豪華客船クルーズ、映画音楽の作曲、プール付きか温泉付きの別荘で暖炉の前でリクライニングチェアで老眼鏡付けて分厚い洋書を手に犬を足元に居眠り。

ストーリーを見る

コメント・質問する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です