【Vimeo動画が保存できない?】ダウンロードできないプライベート設定でもDLする方法

保存できないvimeo動画をダウンロードする方法

動画サイト「Vimeo」のVimeo動画が保存できない、ダウンロードできない場合の対処方法についての記事です。

「Vimeo」はビジネス系で使われていたりしますよね。オンライン動画商材やウェブセミナーなど、Youtubeを利用しないでVimeoを使っているケースがあります。

Youtubeだと動画ダウンロードが比較的容易なのですが、Vimeoのダウンロードだとちょっと大変です。おそらく簡単に保存されないようにVimeoを選んでいるのでは?と思います。

ここではPrivate設定で動画保存をプロテクトしていても保存する方法をご紹介いたします。

オンラインなどでVimeoの動画をダウンロードする手順

オンラインなどでVimeoの動画をダウンロードする手順

まず通常の動画でのVimeoのダウンロードする方法はいくつかあります。

動画に特別な設定がされていない場合は、

  • オンラインでダウンロードする
  • インストールソフト(4K Video Downloader)でダウンロードする方法があります。

オンラインでダウンロードする方法

いくつかオンラインサービスが提供されていますが、その一つに以下のサイトがあります。

https://bitdownloader.com/vimeo-video-downloader

Google chromeだと動画の場所で右クリックをして、「フレームのソースの表示」をクリックすると↓の様にHTMLが見れます。

Vimeoの動画URLは「https://www.vimeo.com/123456」の形になっています。数字の部分が固有の数字で違ってきます。 このURLをコピーします。

このURLを窓に貼るとダウンロードが可能です。
ただし、動画にPrivateの保護設定がされてる場合は「ダウンロードができないよ!」(Couldn’t fetch download links.pleae try again)と赤字でコメントが表示されます。

そんな時はこの記事を読み進めてくださいね。

インストールソフト(アプリ)でダウンロードする方法

もう一個ご紹介。

ソフトをインストールしてダウンロードする方法もあります。個人的にはオンライン完結が好きなのですが、Vimeoに限らずYoutubeなど世の中のいろいろな動画をダウンロードできるので、この方法も知っておくのも良いでしょう。

4K Video Downloader」というソフトをダウンロードしてインストールします。

https://www.4kdownload.com/ja/howto/howto-download-vimeo-video


ダウンロードできないVimeoの動画を保存する手順

Vimeoってビジネス向けに使われていることが多いです。アフィリエイトとかコーチングのライブセミナーとか録画放送とかですね。

これをダウンロードしてゆっくり見たい、電車の中で視聴したいと思う人もいるはずです。(はい、私!)
ですが、わざわざご丁寧に簡単にダウンロードできない設定にしていることがあります。オンラインでも赤文字が出たように保存できないと出てしまいます。

でも!!!ダウンロードできる方法がありますのでご安心を♪難しくありません!

ダウンロード手順

Google chromeの場合

Google chromeを使われているケースが多いと思います。

Google chromeの場合で、ページが記事になっていて動画埋め込まれているもので説明します。埋め込まれていなくても同様の方法になりますので読み進めてください。

まずページのどこでもよいので「右クリック」をします。すると「検証」という項目が最下段にありますので、クリックします。

すると下記のように右側にHTMLやCSSの情報が現れます。

「Ctrl+F」を押すとHTMLの文字列を検索することができますので、「Ctrl+F」を押して「.mp4」を入力します。文字が検索されて見つかると黄色で反転します。

たくさんのmp4と英数字の羅列が並んでいます・・・。
でも怖気づく必要はありません。ちょっと長いですがhttpsから始まりmp4で終わるURLを探してコピーします。

下のピンクのラインの部分です。とても長いURLですがこれをコピーしましょう。

コピーしたURLをGoogle chromeのURL窓に入力して移動します。
すると埋め込まれた動画ではなく、ページ全体に動画が表示されると思います。

この動画の上で右クリックをします。すると「名前を付けて保存」というメニューがありますので、これをクリックして好きなファイル名を指定して保存しましょう。

慣れれば簡単です!!!

Internet Exploreの場合

Internet Explore(IE10など)でもやり方は類似しています。

画像などの上ではないページ上にカーソルを置いて、右クリックをします。メニューに「ソースの表示」とでますのでこちらを選ぶと、HTMLコードが表示されます。Ctrl+Fで文字列を検索できるので、同様にして.mp4を探します。

或いは、F12を押すと開発者モードというのに切り替わります。Google chromeにより近い形です。こちらからでも同様に検索することができます。

Safariの場合

MacユーザーはSafariを使っている場合もあります。

上に表示されているSafariをクリックして、「環境設定」を開きます。「詳細」の項目の一番下に「メニューバーに”開発”メニューを表示」とチェックボックスがありますので、こちらにチェックを入れます。すると上のメニューに「開発」が追加されます。

この開発のメニューの中に「ページのソースを表示」がありますのでこちらから閲覧するようにしましょう。尚、Windowsと同じように右クリックでも選べるようになります。

参考: https://www.webdlab.com/mac/tips-view-source-code/


vimeoの動画ダウンロード方法まとめ

チュートリアルやセミナー動画、情報商材の動画などをYoutubeではなく、Vimeoを使っているケースがあり、スマホなどでゆっくり見たいのに保存ができない、、という経験を私自身しました。

どんな設定されててもダウンロードできないものはない!

ということでPrivate(保護)設定されているVimeoも保存できますのでご安心を^^

スポンサードリンク

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here