これは便利!ワードプレスにWordからコピペせずに直接投稿する方法!

ワードプレスを投稿画面からではなく、マイクロソフトのWordを使って直接投稿できるって知っていますか?

自分で記事を書かずに外注している場合などに、Word画面だけで投稿してもらえたら、お互いに便利ですよね。

アイキャッチ画像の制限や、注意点がありますので解説しております。

Microsoft Wordからワードプレスに投稿する手順

 

ここでは、Wordから直接投稿する場合に、必要な設定に手順について解説致ます。

ぜんっぜん難しくありませんので、安心してください^^

wordpressのログイン情報を用意しよう

まずは、普段ワードプレスにログインする時に使用している、

・ワードプレスのアドレス
・ユーザー名またはメールアドレス
・パスワード

の3つを準備します。

あなたのサイトアドレスと、下の画像のようにログイン時に使うものですね。

MS Wordでwordpressに投稿できるように設定する

さて、ここからはMicrosoft Wordでの設定にうつります。

ワード2010以降を開くと、このようにどの文書を作成するかアイコンで表示されると思います。表示されない場合は、メニュー⇒ファイル⇒新規作成から進みます。

ワードからワードプレス直接投稿方法

「白紙の文書」や「テンプレート」等の中に「ブログの投稿」というアイコンがあります。

1.「ブログアカウントの登録」というポップアップが表示されます。「今すぐ登録」か、「後で登録」が二つを選びます。最初に設定を済ませるために、「今すぐ登録」をクリックします。ワードからワードプレス直接投稿方法

2.「新しいブログ アカウント」というポップアップに切り替わります。ここではブログのプロバイダーの選択をします。ワードからワードプレス直接投稿方法Word2010ですと、

・Blogger
・Share pointブログ
・コミュニティサーバー
・TypePad
・Wordpress
・その他

が選べるようになっています。ここではもちろん「Wordpress」を選択します。

3.「新しいWordPressアカウント」に切り替わります。

先に準備していた、以下の3つの情報を入力します。URLは<ブログのURLをここに入力>という部分にあなたのサイトアドレスを入力します。

・ブログの投稿先URL
・ユーザー名
・パスワード

このような形で入力します。

ワードからワードプレス直接投稿方法

ブログ情報の入力
・ブログ投稿先URL http://<ブログのURLをここに入力>/xmlrpc.php
例えばこのブログであれば、http://laptopreneur.net/xmlrpc.php と打ちます。

アカウント情報の入力
・ユーザー名:wordpressに普段ログインする時に使うユーザー名
・パスワード:wordpressに普段ログインする時に使うパスワード

以上を入力して、「OK」を押します。(※画像のオプションは特に触らなくて大丈夫です。)

すると、

「Wordからブログサービスプロバイダーに情報が送信されるときに、その情報(ユーザー名、パスワードも含まれます)が他のユーザーに見られる可能性があります。続行しますか?」と表示されますので、「はい」を選びます。

 

おめでとうございます。これでワードからWordpressに投稿する準備が整いました^^簡単ですよね!

 

外部アプリとの接続になりますので、このようなリスクが発生しますので、ご理解の上ご利用くだあさい。念のため、月1でパスワードを変えるなどの工夫をして、個人レベルでのセキュリティを高めましょう!

正常に登録できれば下記のように、
「アカウントが登録されました。このアカウントの設定を変更したり、アカウントをさらに追加するには、[ブログの投稿]タブの[アカウントの管理]をクリックしてください。」と表示されます。

ワードからワードプレス直接投稿方法注意!
http と https は区別されます。SSL対応のhttpsで運営されている場合は、
“https”に書き換えないと、「アカウントを登録することができません。」と出てしまいます。

複数登録しても大丈夫!?

 

はい、複数登録可能です。

「新規」を押して、別なサイトを同様に登録しましょう。

複数の場合は、タイトルの下にアカウントが表示され、プルダウンメニューでどのブログに投稿するか選べるようになります。

Microsoft Wordからの投稿の仕方

さて、登録する準備は整いましたので、投稿してみましょう。投稿記事を書くのは、Wordpressの投稿画面とほぼ一緒です。

1.タイトルは、[ここに投稿タイトルを入力してください] に入力します。

2.アカウントを複数登録している場合は、投稿したいアカウントを選択します。

3.カテゴリーがある場合は、左上の「分類の挿入」をクリックすると、投稿画面に「分類を選択するか、新しい分類を入力してください」と出ますので、選択するか、クリックして入力します。

ワードからワードプレス直接投稿方法

4.記事を入力します。

文字の書体、文字の色、太字、打消し線など、そのまま利用可能です。

ワードからワードプレス直接投稿方法

5.テーブルも使えます。

色つきのテーブルなどもWordで作成すれば、wordpress側でテーブルでみえるようになります。

6.ワードプレスの図形やグラフも表示されます。

エクセルから読み込んだ折れ線グラフなどをワード上に貼ったものを、ワードプレスで見た場合表示されるのでしょうか?

この答えは、「画像として表示される」ことになります。図形なども画像としてワードプレスでは見ることができます。

7.画像もそのまま投稿可能です。

画像については下記の画像の通り、図を選んで画像を選択すればワードを編集するのと同じように挿入ができます。

ワードからワードプレス直接投稿方法

↑のページのワードプレスでの見え方は、下記の通りとなります。しっかり画像が表示されるようになっていますね!!

テーマのCSS次第ですが、画像もリサイズ(幅に合う)されるようになっています。

ワードからワードプレス直接投稿方法

気を付けよう!Wordからワードプレスに投稿する時の注意

Wordからワードプレスを投稿した記事を、再編集する時には気を付けたいことがあります。

注意1:改行に気を付けよう

下記の作業をした場合、注意してください。

「Wordから投稿⇒ワードプレスで編集⇒再度Wordで開く」

この場合、改行がおかしくなる可能性があります。
出来るだけ、双方向の編集はやめて一方通行にしたほうが無難です。

注意2:文字装飾の利用は限られている!

下の画像を見てみてください。右側がワード、左がその記事をWordpressで表示したものです。

こんにちわの文字が赤くなっていませんね。見出しはしっかり表示されています。そして、文字背景色については無視されていますね。

ワードからワードプレス直接投稿方法

注意3:再投稿の画像管理

Wordから、すでに投稿済みのWordpress記事を開くこともできます。

ワードからワードプレス直接投稿方法

しかし、再編集して再度投稿すると画像も毎度アップロードされてしまいますので気を付けてください。

下の画像のように何個も同じ画像がメディアにアップロードされてしまいますので注意しましょう。

ワードからワードプレス直接投稿方法

修正して投稿する場合には十分注意してください。

この二つの注意を考えた場合、できればWordからの投稿は1度のみにして、もうWordpressに投稿されたものについては、Wordpress側で編集する、ということにしてしまったほうが良いかと思います。

誰かに頼んで投稿してもらう場合、あまりにもWordに慣れている場合、会社からこっそり投稿したい場合など、便利になる方法だと思います。

複数アカウント登録時の、アカウントの選択方法は!?

こちらも難しくありません。

アフィリエイトなどをされている場合、複数のサイト管理をされている場合があると思います。この場合でも、複数のアカウントをワードに登録することができます。

そして、それぞれの記事を書くときも難しくありません。

アカウントが複数登録されている場合は、以下の画像のようにタイトルの下に「アカウント」のプルダウンメニューが表示されます。こちらから該当するサイトを選択します。

ワードからワードプレス直接投稿方法

投稿記事のカテゴリも選択できる!!

WordPress側でカテゴリ(分類)が設定されていれば、アカウント選択の下に「分類」という項目が表示されます。こちらで投稿記事のカテゴリを選択します。

ワードからワードプレス直接投稿方法

メニュー部分の、カラフルなタイルのアイコン「分類の挿入」を選択するとカテゴリを追加することが可能です。

遠隔で投稿したい場合、
第3者に記事を書いてもらう場合にWordpressの管理画面には入ってほしくない場合、
依頼する人はMicrosoftワードなら触ることができる場合、
あまりないと思いますがワードしか使えない環境、

などに利用できる方法だと思います。是非、一度試して見てください。

 

スポンサードリンク

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here